GREEN AVENUE

greenavenu.exblog.jp
ブログトップ

杜庵お茶会

日曜日は 脚本家の高田純先生のお宅で
新作10月6日TBS系で放送の「幽体離脱殺人事件」 の
試写会&お茶会に招かれたので 新幹線に乗って~GO!

ドラマの内容は、面白かった。
大抵、犯人は私はすぐわかるのだが、こんなに早くは出て来ない。
最近、癖の有る役が多くなったイケメンの子が~~~~!

試写が終わってからお茶会となったのだが
この茶室には思い入れがある。

平成15年に私達が、土を砕き壁を塗り
石を混ぜ三和土に挑んだ。
ある意味、伝統建築を残す!!(笑)
完成してから行く暇が無かったので、気にはなっていたのですが
やっと行けました。
新幹線に乗ってしまえば Door to Doorで1時間ぴったりなのにも関わらず
ずっと行けなかったのです。

f0099690_20305036.jpg


そして、このあたりが主に 手伝ったあたり。
5年経ってもひび割れを起こしていず、風合いさえ出て来た。
一安心の一幕で有る。
f0099690_2032115.jpg


扁額は 俳優小倉一郎作

f0099690_20324821.jpg


奥様がお茶を立て 皆さんに 振舞って下さった。
f0099690_20341145.jpg


夏のお茶会も なかなか風情が有って良い。
奥様の普段着なのに品の良さが、際立つ。
育ちが良いということは、こうゆう品を かもし出す物だと思う。
これは、どんなに頑張ってもなかなか身に付く
いや、生まれた時から備わっているモノなので
一生かかっても、普通は無理だ。
遺伝子の問題でもある。

f0099690_20395398.jpg


さて、そこで客人の作家先生(男性)が、今度はお茶を立てる。
お茶をたしなむ方の姿勢の良さに 感心する。

久々にお会いする方も多く、何故か私の素性を知ってる初めての方もおり
一応、関係の有るミュージシャンのファンだと言うので
紹介はしておきましょう。
今後、何処でお世話になるかわからない。
縁は大事にしておかないといけませんから。

楽しく行って参りました。
しかし、暑かった。行きから新幹線に乗り遅れそうになるアクシデント。
suicaのカードがはじかれ、自販機で新幹線の切符が買えなかったのです。
もう冷や汗と暑さの汗で、お化粧はハゲ落ちました>撃沈
[PR]
by greenavenue | 2008-09-01 20:50 | days | Comments(4)
Commented by ank-nefertiti at 2008-09-01 23:48
昨日は楽しかったですね~、お疲れさまでした♪

このお茶室には私たち愛着がありますよね~
何度通ったかしらね?小田原まで。

高田さんの奥様、本当に品のよい方で、ああいう女性になりたい!と思うわ。。。至難の技だけど>苦笑

suicaはなぜはねられたのかしら???変ね・・・
それで走る事になるなんてね。。。
腰によくないよねぇ・・・

midoriさんはお茶室が出来上がってから、初めてだったでしょう?
あのお茶室での茶懐石は最高にすてきよ!
是非一度~!!!

例の女性は私の先生のファンでもあるらしい・・・
妙に元気な方でしたね。。。>苦笑
Commented by berry at 2008-09-02 10:09 x
以前、三和土を作っていらっしゃる写真見たのを、思い出しました。
あのときのお茶室ですね。男性の膝元のお茶花、素敵です。
普段着でお茶を楽しむ、いいですね。
Commented by greenavenue at 2008-09-02 16:45
☆杏さん
楽しかったですね!
お茶室、ほんと愛おしいです。まあ、私が作ったと言っても過言じゃない(笑)だって、土砕きからだもの~~~。
三和土、高田先生にあの時、「もっと石を入れましょう!」と言ったのに
高田先生は「こんなもんじゃないか」と渋ったの。
案の定、日曜日、
「やっぱりこの倍は入れるべきだった」とおっしゃるから、ガツンと言っておきました。
「私の言う事、聞いておけば良かったでしょ?もう、やりませんよ!」って。
昔の三和土は、もっと石が見えていて
雨にされされると、出っ張る感じだったのよ。

suicaはじかれた理由がわからない。
また改札で使ってみてダメだったら、カード会社に電話してみます。
でもクレジット機能はオーケーってのもね、変だわ。

あの人、メールよこさないの。
なんなんだ・・・あの妙な元気さ・・・・

品の有る人って、色白だと気が付いたのですが
なんであんなに白いのでしょう?
Commented by greenavenue at 2008-09-02 16:51
☆berryさん
普段着の夏のお茶会、良かったですよ~~~。
このお花、奥様が裏庭から、ササッ~~と取っていらしたのです。
その辺が、この奥様のセンスの良さ。
花器もご自分で制作された物だと思います。(陶芸の先生)
この日の宴会のお皿も、奥様の制作でした。

三和土、もう手が荒れ、腰は痛いので2度と出来ません~!
でも楽しくステキな、貴重な体験をさせて頂き、ありがたく思っています。