GREEN AVENUE

greenavenu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:フィレンツェ ( 5 ) タグの人気記事

事件は突然起きるフィレンツェの朝

借りたアパートメントは、キッチンと洗濯室も付いていて
とってもカワイイ
f0099690_23284125.jpg


が、そこで起きた・・・・
朝、洗濯機を回し、換気扇を回し、電気ポットでお湯を沸かすと
電気が切れた・・・・・

イタリアの朝は、暗いです。
携帯の灯りを頼りにブレーカーを探すが、みつからない。
tammyさんに電話をして、どの辺にあるかを聞いたが、みつからない。
なんとか洗濯室で見つけたが、全部下がっている。

外だということで、薄暗い中、なんとか発見。
下がっているのが、絶対、私たちの部屋。
その際、鍵は手放さず。これで、締め出されたら、また、大変!!

電気系トラブルにイタリアでは、私2度目(笑)
何しろ電気の甘えた生活をする日本人だからね!

朝ごはんは、こんな感じで、軽く♪
f0099690_23411752.jpg


この日は、お買い物日。
しかしだ、例の自転車レースで、あっちこっち遠回りをしないと目的の店につかない苦難。
f0099690_23363280.jpg

このポスターかっこいい!

f0099690_23353643.jpg



お昼は、城壁の側のお店に。
f0099690_23381366.jpg


f0099690_2342948.jpg

ここも美味しかった!
勿論、ビールを飲んだ。ええ、水代わりです。

食後のジェラードも途中のお店で美味しかった!
ピスタチオがシチリア産で他のジェラード屋さんの倍は入っていると言う
ピスタチオが濃いの~~~!
空港で帰りに食べたのより、こっちのほうが断然美味しかった。
f0099690_2346116.jpg



ここからの夕陽の眺めが最高ですよ!と教わりました。良いスポットです。

f0099690_014119.jpg


夜は tammyさんのブログで紹介されていたビステッカのお店に
f0099690_229539.jpg


予約ナシでは入れない。断られていたお客さんもいました。
f0099690_23464251.jpg

めちゃ、美味しかった!!
食べ応えあり!まじ、美味しかったです。
前回食べたのより全然、美味しかった!
肉好きにはたまりません~~~~!!

お料理を極めようとしてるtammyちゃんだけあって、美味しいお店は
tammyちゃんに聞くのがいいね♪
他にトスカーナ料理を食べる。
f0099690_2314046.jpg


しかし、食べる+飲む。これが精一杯。
景色の良いところは、それだけで話が盛り上がり
ポルチーニのシーズンなので、それだけでも盛り上がりまして
箸が転がっても楽しくなり(酔っているとも言う)
フィレンツェ最後の夜は、こうして終わって行きました。
[PR]
by greenavenue | 2013-10-03 23:56 | イタリア

フィレンツェ歌劇場の歌手・渡辺弘樹さん

渡辺弘樹さんが、日本での公演の為に昨日、来日した。
そもそも大分出身彼だが、今回も大分での公演がメインです。

私達がフィレンツェに居た時、この話となったわけですが、残念ながら公演は8月30日
翌日、どう考えても仕事な私達・・・月末だ・・・・

この方、大分の公演の他に東京・広尾でもディナーショーをすると言うので
そこの案内を貰い、驚いた~~~あ~~~~!
私なんか「hiroさん」と気軽に呼んでしまっているが
東洋人初の専属終身雇用契約をイタリア三大オペラの一角を成すフィレンツェ歌劇場と締結した人
日本で言えば、歌舞伎座に外国人が雇用されてるような、歴史を塗り替えた人なのです。
そう考えると、とんでもなく 凄い人でした。

フィレンツェに滞在中に杏さんちでお食事の約束が出来ていて
それが今日だったわけです。
一緒にステージに立つレオナルド・ズグロイ氏と一緒にやって着ました。
笑顔は、いつものまま。
f0099690_12412.jpg


そして杏さんの美味しいお料理が並びました。
f0099690_1251013.jpg


大分の公演の話で、過去2回はどんな内容で、今回はこんな~と聞くたび
行きたいと思うのですが、休めないのよ。。。
そしてレオナルドさんに日本の美味しい物を沢山、食べさせてあげたいと言う優しさ。
私なら、面白い物食べさせてしまうんだけど。
ペットの話で、ローマでは犬を1日2回散歩させないと条例で罰金なのだが
フィレンツェの2人は知らなかったようだ(笑)

hiroさんと話していたら、モンタルチーノピアンツァの景色が蘇って来ました。

夏休みイタリアに行こうと考えている人。
フィレンツェで自由時間が有るのなら是非、La Cenetta (ラ・チェネッタ) でお願いして
エノテカに行ってみるとか、市場に行ってみるとか
もし1日暇な時間が有るのなら、ワイナリーツアーも有ります。
人と違う旅を楽しみたいなら、お薦めです。

ちなみに市場で買った調味料は、日本で使うとイタリアン♪なお料理が簡単に出来ました。
また、買いに行きたいなァ。
f0099690_1493122.jpg


それと 蕨餅
美味しかった~!これは、やはり私の知っている限り蕨の根のデンプンでした。
そして杏仁豆腐は、杏の種を割って、中の白い部分のデンプンです。
原料については、知っているが作れないのが私の良いところです(笑)

ああ、レオナルドさんにゴーヤチャンプルとか、カワハギの肝とか、馬刺しとか、食べさせたい>爆
[PR]
by greenavenue | 2009-08-06 01:53 | イタリア | Comments(6)

フィレンツェ最終日

いよいよイタリア最後の日になってしまった。

hiroさんが、ディナーに招待してくれた。
フィレンツェ・オフ会?(笑)
さすが9日もイタリアにいたら和食が食べたいだろうと和食!(喜)

うっそーーーーー!
イタリアで筍ご飯!! 
f0099690_115126.jpg


hiroさんは、tammyさんのお友達らしく、お料理も得意。
菜園もやっているらしく、山も好きだとか。
山菜も採りに行くそうで、この筍も採って来て下さったとのこと。
イタリアに筍が有る方が、不思議。
イタリア人は筍を食べないそうで、採り放題だそうです(笑)

f0099690_1192124.jpg

豚肉とジャガイモの角煮、春雨のナンプラー味サラダ
醤油の味が、懐かしい。

ドルチェまで~~~!
幸せ~~~~!!木苺のパンナ
f0099690_1193848.jpg


そして、tammyさんから、カントゥッチというクッキーを頂いた。
これは、デザートワインやコーヒーに 浸して食べる物。
heroさん曰く
「tammyさんの食べたら、他のは食べれないよ」と言うくらい美味しいのだ。
f0099690_124528.jpg


そして、夜は更けて行った。
明日はもう日本だ・・・・。
[PR]
by greenavenue | 2009-06-28 01:29 | イタリア | Comments(6)

カッラーラお別れの朝

f0099690_0171430.jpg

澄みきった空の下、テラスでのモーニングも最後である。
kazuちゃんが、私達の為に大好きなマチュドニアを作ってくれた。

サヨナラ、kazuちゃん、そしてB&B
f0099690_1563063.jpg


列車に乗る前に、知人から頼まれた花の種を探さないとならない。
イタリアらしい花の種が欲しいと言うのだ。
しかし、シーズンは終わっている。
種まきは普通3月か4月、遅くても5月の頭だと思う。
探しても探しても、野菜ばかりで無いのだ。
なきゃ、無いで仕方無い。

しかし、勝手に種を日本に持ち込んで良いものか?
外来種を繁殖させやしないかと、一抹の不安でもある。

駅でkazuちゃんとはお別れ。
本当にお世話になりました。
しかし、列車が遅れ、最初に乗換えを予定していた駅で、列車が待っていてくれない可能性が有るのでは?
そこより、1つフィレンツェ寄りのピサの方が列車の数が多いのでは無いかと
杏さんが提案してくれた。

そのアイディアに乗った!!
しかし、乗換えを予定していた駅で、大勢の人が降りる・・・・一抹の不安だが
清く正しい日本人観光客は、チャレンジャー♪
ピサに着くと、グットタイミングで列車が有りました。

無事、フィレンツェに到着。
3泊4日分の荷物を持っては、動きが取れません。
ホテルに歩いて行くのも嫌でタクシー。

ここのホテルは、古過ぎて^^;
イタリアのホテルは、何処も古いのが「売り」なのだが限度ってものが有る。
エレベーターも3人でいっぱい!!
案内された部屋は天井はすごく高く、多分、真四角な部屋なんだと思う。
前の滞在も同じホテルなのだが、夜中に、入り口の鍵のランプが点滅して
二人で、ひゃ~~~あ~~~~!だったのだ。

今度の部屋は、トイレに入ったら・・・・閉まるのよ。

しかし、閉まるが、開かないっ!!
焦ったわ・・・杏さんに助けを求め、表から引っ張って貰いなんとか脱出(汗)
次回から、ドアをガッチャン!と閉めないことにしました。
一人旅なら、怖い。一生出られない可能性が有る。

ホテルにスーツケースを預けていたのを貰い、お昼を食べに隣の共和国広場のトラットリアへ
f0099690_0374142.jpg

お米が食べたい~!とリゾットを。
ズッキーニとカボチャの花のリゾット。
f0099690_0351553.jpg

白いんげんとトマトのブルケスタ
f0099690_0362292.jpg


しかし、暑い。
カッラーラの爽やかさと やはり違う。
ちょっと買い物をして、ホテルに戻り、ホテルでカプチーノを飲み、ウダウダ。
だって、暑いんだもの~。

荷物の整理に入る。
何しろスーツケースの重量制限が20kgと厳しくなっているというのだ。
重油が、また値上がりしているせいだと思うが
重たいワインなのどの瓶物は、以前なら手荷物に出来たがテロ以来、スーツケースに入れなければ
ならないのだ。
この時点で、ワインフルボトル3本、ハーフ1本。オリーブオイル3本、バルサミコ2本
化粧品等で、かなり重いのだ・・・・。
結局、手荷物で持てる物は、手荷物用バックに全部入れ、
衣類でワインを包み
スーツケース半分は、ガラガラ状態。
前回、私30kgだったので、注意が必要なのです。
杏さんも私も この時点で余り買い物は、しておりません。
へえ~~~、珍しいことも有るもんだ!!とお互い思っていたかも知れませんネ。
買ったのはメルカートで再び出向き、ショールを3本。
それぞれの姉妹用でした。


旅行時 手荷物用バックは、口がちゃんと閉まる物を別に用意しておくと便利ですよ。
私は、いつも折りたたんで小さくなるが、広げると大きくなるナイロン製バックを持っています。
軽くて便利で重宝しています。
[PR]
by greenavenue | 2009-06-28 00:54 | イタリア | Comments(8)

白夜は体内時計を狂わせる

f0099690_9414542.jpg

フィレンツェに戻ったのが 夜8時半
この明るさ。。。夕方6時くらいの感覚。

f0099690_9435115.jpg

アルノ川左岸の高級住宅街

More食べる
[PR]
by greenavenue | 2009-06-19 09:48 | イタリア | Comments(0)