GREEN AVENUE

greenavenu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:覚書 ( 13 ) タグの人気記事

オリオン座がなくなる?

ちょっと仕入れたネタ。
オリオン座の1等星「ベテルギウス」が近い将来、爆発するという。
そうなると、オリオン座は無くなるというのだ。

すでにぺテルギウスは、輝きを発している燃料の水素が底をついていて
いつその生命を終わらせ、爆発してもおかしくない状態になっているという。
天文学者は、それを見逃すまいと待っているとのこと。
昼間でも十分、地球から見える爆発天文ショーらしい。

さて地球の影響は、どうなのか?
調べてみたが、何しろ現代になって、今まで経験した人がいないのだから
予測でしか立たない。はるか640光年向こうの世界のことなのだ。

そういわれると、わくわくしたり不安になったりとしています。
ニュートリノの研究者たちも喜んでいるらしい。


http://sankei.jp.msn.com/science/news/120105/scn12010508080000-n1.htm
[PR]
by greenavenue | 2012-02-11 23:46 | A day to think

苦戦

12月中旬から胃が痛かった。
血を吐くまで頑張ろうと思ったのですが、我慢できず病院へ。
いつもと違う痛みだったのです。
おまけに白いウ○チまで出てしまい焦りました。
胆のうの機能が落ちると、出るらしい。
母も最初は胃が痛いと言っていたし~~~008.gif

速攻で検査できる病院を紹介されたことは言うまでも無い。
速攻といっても年末なので予約を受けていず、お正月明けに予約に行き
やとこさ先々週、受けて来ました。


胆のう、すい臓のエコー検査と胃カメラ、大腸カメラに挑んだわけです。
胃カメラは、もう何度も受けているのですが
大腸カメラは初めてで、前日には 大腸カメラ検査用食事キットが渡され
朝昼は、それを食べるわけです。
朝は、レトルトのお粥とインスタント味噌汁。
昼は、クッキーとゼリー
夜は、2時間以内で2リットル飲んでくださいと言う下剤。
あーた、ビールなら2リットル飲めますが、
このスポーツドリンクを薄めたような味の飲み物を飲めと言われても
なかなか飲めるものじゃなく 苦戦

まあ、この苦戦はたいしたことが無い。

翌日の検査、家族の病歴等告げるとエコー検査もすごく丁寧にやってもらい異常なし。

胃カメラに突入。
鼻からカメラ。これも ぐるじい~~~!
食道が ぐるじい~~!
食道を抜けて、胃にたどり着いたと思ったら直ぐに 検査医
「あ、十二指腸潰瘍だね」

えっ?胃潰瘍じゃなく?

胃は、何もなく十二指腸潰瘍でした。
白いウ○チは、胆のうから近く機能を一時的に停止しちゃった感じ。
f0099690_10555432.gif

オリンパスHPより


道理で、いつもと違う痛みだったわけです。

問題は、ここからです。

大腸カメラ。
「麻酔しますか?」と聞かれ、普通はどうしているのかと聞けば
「やらない方も多いです」というので、やらないことにしてあった。
妹からも義母も父からも、そんな話は聞いたことが無かったので
麻酔を使わないことを選んで挑みました。

そしたら、苦しいの。ものすごく苦しいのです。
からっぽの腸にカメラは空気と水を入れながら進むのですよ。
生きてきた何十年間、腸は胃から受けたものを上から下に向かって運んでいたわけで
それが逆方向から来るわけです。
そう人間の摂理に反している!!

もう、腸が破裂するんじゃないかと思うくらいでした。

オナラ出してくださいと簡単に言いますが
異物が入っていて、そう簡単にオナラを出そうとしても出ないのですよ。

始まって10分で、ギブアップしたいと告げましたが
検査医は、大丈夫だからと言います。
そして
「便秘症でしょ~、腸が人より長いから普通なら30分で終わるけど
40分かかりそうですよ」
と軽く言う。
もう、立ち上がって止める!!と言いたいところだが、ここで動いたら
腸をカメラが突き破る可能性が有りそうなので我慢。

40分我慢しましたよ。
気になっていた盲腸まで見ました(笑)
最初、見たとき「これって癌?」と思ってしまいましたが
ごく普通ですって(笑)

【診断】十二指腸潰瘍 ピロリ菌+
     病理検査の結果 -

【判明】腸が長いので便秘症、そのため痩せません006.gif

【教訓】次回、大腸カメラ検査をするときは、麻酔する


【画像】貼り付けたいがグロいのでやめます。
    

【効能】夫もさすがに心配していて、胃潰瘍のときより
    心配度数が大きいようです。

More
[PR]
by greenavenue | 2012-01-25 10:30 | days | Comments(20)

不定愁訴

昨日の「ためしてガッテン」
ビックリした。

片頭痛歴が脳の過敏状態が不快症状を招いている言うのだ。

酷いめまい、耳鳴り、不眠の原因は、この歳になると更年期かと思っていたら
違う場合があるとのこと。

しかし、酷いめまい、耳鳴り、不眠症の酷い症状の根本的原因が片頭痛というのが意外でした。
片頭痛とは、脳の異常に興奮した状態で
放置すると興奮した状態が残ってしまい
過去の片頭痛から、めまい、耳鳴り、不眠症を中高年になって招くというのだ。
この治療薬として、意外にも
抗てんかん薬で、脳の興奮を静める。
抗うつ薬で、気持を感じにくくさせてくてれる。

しかし、耳に本当に異常が無いかを調べてからとなる。
耳鳴りとは、脳の興奮状態で脳が悲鳴をあげている頭鳴(ずめい)というらしい。

私の片頭痛は、若い時、と言っても40歳くらいまで非常に苦しかった。
最近は、寝込むことも吐くこともなくなったが、それでも時々、やってくる。

頭皮が突っ張る感じが出たりして、この頭皮が突っ張る感じはアロディ二ア(異痛症)と
言うものだとも今回知った。
そして目がチカチカすると片頭痛が起きる。
やはり前兆症状だと。
生理の時に起こる頭痛も生理痛じゃなく、片頭痛だそうだ。
(あ~ん、そうだったのか・・・)

消炎鎮痛薬は痛みは抑えられるが、痛み物質の発生は抑えられないので
トリプタン(※注意1)という薬で、根本的に治療した方が良いということ。
(血管拡張を抑え、痛み物質を発生を抑制する効果)

注意1このトリプタンを使うには、処方箋が必要。
そして、若い時に治療してもらう方が良いそうだ・・・(もう、遅いじゃん・・・)

消炎鎮痛薬を飲みすぎた人に、多分、酷いめまい、耳鳴り、不眠症に悩まされるのだと思った。
うちの母が、完璧にコレだ。
20年前に分かっていれば、もっと楽に生活出来ただろうと思う。
しかし、分かったのが最近だと言うから仕方ないです。

詳しくは ためしてガッテンを参考にしてください。

More
[PR]
by greenavenue | 2011-09-29 23:11 | A day to think | Comments(10)

終戦記念日

「私たち戦没者の遺族が歩んだ道のりは、長く苦しい歳月でした」。全国戦没者追悼式に参列した約5000人の遺族代表を務めた河西佐智子さん(67)=甲府市=は参列者の思いをこう代弁した。貧しいながらも、母一人子一人で戦後を生き抜いた思いを追悼の辞に込めた。

 「生活は苦しくても、一生懸命生きることが父の死に報いることだと信じてここまで来た」。河西さんは自らの人生をこう振り返る。海軍兵曹長だった父、東(あずま)さん(享年27)=写真=は1944年10月、航空母艦「千代田」乗艦中、フィリピンのレイテ沖海戦で戦死した。当時、佐智子さんは生後2カ月。父の記憶はないが、95年に亡くなった母、と志えさん(同73)からは「出征前、生まれたばかりのあなたを抱いて、とても喜んでいた」と、父の様子を聞かされた。

 と志えさんは、女手一つで佐智子さんを育てた。昼は製糸工場で働き、夜も自宅で縫い物をして学校の給食代などに充てた。生活は苦しかったが、洋服や帽子は全て母の手作りで、いつもおしゃれなものを着せてくれた。「父親のいない寂しさを感じないくらい、精いっぱい育ててもらった」と感謝を口にする。

 と志えさんの死後、タンスの遺品を整理した時、古びたせっけん箱から偶然、戦地の父が母に送った手紙11通が見つかった。「佐智子の経過はいかがですか」「軍人の妻らしく、強く、より強く立派に家庭を守ってくれ」--。茶色になった便箋には、家族への思いが何枚にもわたってつづられていた。末尾には「最愛なる妻へ」とあった。

 「結婚して1年で夫を亡くし、苦労ばかりだった母も、父の優しさに触れて幸せを感じることがあったのかもしれないと思うと、少しほっとした。手紙を私にも見せなかったのは、夫婦だけの大切な思い出としてしまっておきたかったのかもしれない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110815-00000029-mai-soci


この方のお父さんは、レイテ沖海戦でやられたのだろうと想像できる。
うちの母方の祖父もレイテ島で戦死している。
子供の時から、レイテという地名には、家族全員が敏感であり、
NHKで特集が有るといえば、レイテについて知りたいと思う一心で見ていた。
従姉は、おばあちゃんをレイテに連れて行きたいと就職先を旅行代理店にしたくらいである。
遺骨収拾団というのもあり、残念ながらレイテは、ゲリラが横行していて
女性はダメだと言われたりした。
イメルダ夫人がレイテ島出身で、彼女のおかげで遺骨収拾も出来たそうだが
1回や2回行ったところで、拾える量では無い。
現在も、細々と続いているらしい。

母からは、父親がいないことで、かなりの苦労をした話も沢山聞いていたし
戦時中の悲惨さも聞いていた。
それに母が生まれる前に出征していたので、母も父親の顔を知らずに育った。
父のほうも、戦死しているが、戦争中は軍に納屋を倉庫に貸していたので
家は全然困らなかったと苦労が無いが、その後、再婚してその人が
もう、ダメな男だったので、それからの苦労のほうが大変だったみたいだが
母のほうが、話をよくするせいもあり、レイテという地名が残ってしまったのは仕方ない。

私が結婚してから、ある日、本屋で偶然みつけたのが
f0099690_1536421.jpg

(アマゾンから借りました。私の持っていた本は、母の棺おけで一緒に送りました。
が、数組買った記憶が有るので、どこかに有るはずですが、それが実家なのか母の実家なのか・・・)

この本を、めくって行くと、祖父の名前が出ていて、身体が震えたのを今でも覚えています。
携帯が無い時代だから、公衆電話に走り、母にスゴイ本を見つけた!
おじいちゃんの名前が出ている!!
同姓同名かも知れないから、おばあちゃんに連隊名を確認して!
ここには佐倉五十七連隊と書いてあるからね!と伝え、電車に乗ったが
早く家に帰って読みたい!とあれほど思ったことは無い。

レイテで戦死したことは分かっていても詳細が分からない。
多分、色々な資料を見ても、行った時期が明確でなく
(手紙に何処へ行くとか書いては行けないらしい)
だいたいの感じで、レイテ沖海戦が有名であったせいもあり
海で死んだのではないだろうかと想像してたのだった。
骨壷には、何処の砂か分からない砂が入っていたと祖母が言っていました。
それが、同じ部隊で生き残っている人がいて、最期を知ってる。

こうなったら、私は行動的になる。

この著者に私が手紙を書き、是非、祖父の最期の様子が分かれば教えて欲しいと
お願いして会うことになった。

母にそのことを話すと、自分も行きたいと言いだし、祖母も同じ。で、結局、親戚一同(笑)
まあ、著者も驚く。え、こんなに沢山の方々に?
だって、みんな聞きたいと言うのだから仕方ない。

満州から移動させられ、行き先も知らされず、船に乗せられ、レイテ島に着いたが
この戦いが最初から無理だったこと。
船のなかでの劣悪な条件でレイテに着いた時点で、みんなかなり弱っていたことで
著者は思ったそうだ。
天皇陛下の為と言いながらもこんな虫けらみたいな扱いで戦わせるのか?
国のためと言うなら、もっと美味いものを食わせるのが本当だろうと。
著者は、祖父よりも15歳くらい若かったから、食べ盛りだった。

同じ部隊で、何度も助けてもらい、身体の大きな祖父は、
身体の小さな、歳の離れた著者を弟のように思ってくれて
だから本にも名前を残したそうで、同じ部隊でも非人間的な人に関しては
どうしても嫌な口調になってしまうので、万が一、遺族が読んだら
悲しい気持になるので書いていないと。
確かに祖父について、部隊が全滅する直前まで書かれて有り
祖父の最期の様子も書かれて有り、私達、遺族にとって有り難い作品であった。
書ききれないことなどを沢山話して頂き、満州から一緒だったことや
亡くなった日が、後でこの本を読んで連絡して来てくれた部隊の生き残りの人達から話を聞くと
12月24日のイブまでは確かに生きていたことが確認できたことなど。
そうなると命日がかなり違う。

著者が勝てない戦争と感じたのが、食糧と武器だったそうだ。
餓えに苦んでいる中、撃たれて息の無い米兵のリックから食糧を抜き取ると
そこにはチョコやらクッキーやらと栄養豊富な食糧。
鉄砲やヘルメットの軽いこと。
日本兵は小さな身体で、重い銃装備と栄養の無い乾物の食糧で勝てるはずなど無い。
それと昼間戦って、夜の移動。体力が消耗していく。
米軍を観察していると朝9時から攻撃が始まり5時にはピタリと止むことなど
総じて勝てる戦いでは無かったと。
どこの戦地も大差なく悲惨であったこと。


その後、著者も胃がんで亡くなったのだが、この本を書き終え
遺骨収拾にも全財産を投じてくれていて、亡くなった時、70歳くらいだったのだが
遺骨収拾に有る程度見当がついた時点で、結婚されたということで、
まだ幼い息子さんが残されていた。
ある意味、この息子さんも戦争の犠牲者であるように思えた。


祖母が小野田さんが、帰って来たとき、
「ひょっとしたら、おじいちゃんも生きてるかもよ!」と冗談で言ったら
「こんな婆さんになっちゃったから、会えない」と言っていたな~。
祖母が亡くなって、遺品整理をしたら、やはり手紙が沢山出てきて
誰も見たことが無かったのでビックリでしたが、上記の河西さんのお母様と同じ気持だったのかも知れないです。


今年の全国戦没者追悼式に参列し未亡人は48名とか言っていた。
年々、数が減っていくことは仕方ないが、戦死した方の分も長生きして欲しい。

戦争は何が有ってもしてはならないと、戦後の私達が学べたことだけが
遺産であるかのように思う。
[PR]
by greenavenue | 2011-08-15 16:00 | A day to think

Sittin on the Dock of the Bay



大和證券のCM、おなじみですね。
CMだと1分とかで、全部みたいな~と思って探したら 有りました。
そして、これってプロジェクトだったのね~と初めて知りました。


音楽を通して世界に活気やつながり、平和をもたらすことを目的とした音楽プロジェト、
"PLAYING FOR CHANGE"。
大和證券HPより

実は歌詞は放浪者を歌ったもの。
だから社会貢献というのからは、歌詞の内容は遠いのですが
良いのです!!!!
歌も、好き嫌いが有るのですが、まあ、自分が良いと思えば良いのです。
私、ロックよりこの手のR&Bやソウルの方が好きなんです。

信号待ちながら、電車を待ちながら ついつい口ずさみながら ちょっと浮かれる日々♪

Sittin' in the mornin' sun
I'll be sittin' when the evenin' come
Watching the ships roll in
And then I watch 'em roll away again

って、ここしか歌詞覚えないので、ずっとここを歌っているんですけど
鼻歌だから良いのです070.gif
フィーリングで歌ってる感じで満足中>爆
なにしろ音痴なんでね!!

黒人ってみんな歌が上手いかと思ったら、そうじゃない人もいると知った時は
驚いた。
今日も、ご機嫌にこの歌を歌いながらママチャリ飛ばしてこよう~っと。

ちなみに 中国人も全員、書道が上手いわけじゃないないらしい~>爆
[PR]
by greenavenue | 2011-08-02 11:20 | days

このCMのお父さん



三井のお父さん役は TBSドラマ「父母の誤算」でデビューした利重剛さんなのですが
お母さんが脚本家・小山内美江子で↑も脚本だったのですが

このドラマ、はまりましたね。
不良を更正させる校長露木茂夫妻に預けられる子供に村田雄浩(渡る世間でなんだかな~な役者になっちゃった子)、直江喜一(金八先生の腐ったみかんじゃね~の子)と一緒に生活を送るのですが
一見優等生の利重くんが、曲者曲者。
また是非観たいと思うがTBSで再放送の予定が無い。

CSテレビとか発達して、夜ヒットも観れたりして、なかなか私の引きこもり
テレビライフは充実なのです。
[PR]
by greenavenue | 2011-08-01 12:35 | days

ドクターG

7月28日木曜日から始まった番組ですが面白かった。
この手の健康番組は好き。
今日は、初回だったのだが、とても良い医師だったので書き留めておきたい。
池田正行医師(内科)

番組は、病状に至るまでの経過や症状が出てからの様子をVTRにまとめたものを
研修医が推理して行き、色々な可能性を探るのだが、これを導く医師が毎週違うらしい。
来週は、肩こりと吐き気で、どんな病気なのか?
とても楽しみです。以前、私は肩が凝ると吐いていました。
マッサージや針治療で、なんとか重たい症状にならなくなり助かっていますが
興味津々です。

隣の部署の方が、ついに滑り腰の手術をすることになりました。
やはり、某有名病院です。
頚椎と脊髄は、皆さん、ここが一番だと言います。

先日、親戚が、頚椎の手術をした病院も、かなり腕が良い医師で、現在何の障害も無いとのことで
名前をメモらせて頂いた。首もヘルニアなんです^^;
最近は、両手が痺れ、左足(これは、腰です)もずっと痺れが出ていますが
前みたいに、歩けなくなることは無いので、ひたすら 牽引するのみ♪
でも、頚椎は脳外科なんだそうだ。
へえ~~~、でした。
ともかく、最悪、手術も頭に入れて置かないと、いざと言う時、心配なので
これも非公開で書きとめています。

今度、マー医師と飲むときに、また、聞いてこうよう~!

現在、またもや胃痛でして^^;
マー医師にもうちの胃カメラの医師は上手いからピロリ菌退治に来いと言われているが、
同じ路線なのに「遠いじゃん!」それに
1週間、お酒飲めないのは嫌だ~~~~!
泣きを言う私。
Sなおさんは、マー医師を主治医に決めたようだけど
胸とか見せるわけには、友人となると女性は辛い。
うちが遠いなら、Sちゃん先生の駒込に行けと言われ
う~ん、Sちゃん先生ならマー先生の方が付き合い長いし~
Sちゃん先生に胸見せるのもね~>爆


暑さ→父の入院→親戚の突然死→職務試験→展示会→現在部署めちゃくちゃ忙しいと
この1ヶ月の事を考えると、そりゃ、ピロリ菌も活発になるわな~と
思いつつLG21を食べまくる。
これ、かなり効きます。そうやって、ピロリ菌退治から逃げまくる。
出来たら冬場がいいな。
ビールを飲まなくてもいられる季節が望ましいと自分で思っている^^;

さて、職務試験も無事合格。
今回3分の2が、落ちたと言う話で、
コレは、上司の指導力にかかっており、合格させないと指導力不足と判断されるわけで
なんか、他の部署の方に、今日、会ったら
「落ちた~、あんな問題出るとは思ってないなかったもん」と。
確かに、予想外の問題が多かったものね。
だいたい、皆さん忙しくて、会社の数字と言われも
桁数も多いから、何億とか書かれて有っても、数字の羅列にしか思えないもので
自分の部署だけでも、毎月、はじき出される数字は10種類くらい有るんだから
それを覚えておく方も苦難の技。

今日、この合格面談が有り、胃痛もちょっと治まったかも~♪

More
[PR]
by greenavenue | 2011-07-29 00:24 | days | Comments(6)

ポークジンジャー

夏と言えば、豚肉に生姜

f0099690_2395266.jpg



昨日、噂の東京マガジンのやってTRY!でやっていたのを見て、ピピッ~~~と。
夫と二人で、そうめんを食べながら 明日は、これにしよう!!と意気投合。

それは、教えてくれたのが、浅草・レストラン大宮のオーナーシェフの大宮さん。
私は土日しか行けないのですが、いつも長い列で、まだ未知の世界なのだ。

これなら作れそう!とTRY!だったわけです。

ポイントは、白ワインとりんごジュースと針生姜。
りんごジュースというのが、新鮮です。

More
[PR]
by greenavenue | 2010-07-05 23:13 | eatな女 | Comments(2)

マ○ドナルドの再度の迷走

渋谷を中心にマクドナルドが高級感を打ち出した新店舗の展開を図ると言う。
http://news.nifty.com/cs/headline/phdetail/oricon-20100425-20100425-001/1.htm
マクドナルドに果たして、高級感を求めている消費者がどれだけいるのか、疑問でも有る。
以前、やはり高級マックを作ったが失敗している。
この店舗デザインを見る限り、Mac=アップルコンピューターを連想させる。
アップルに訴えられなきゃ良いけど。


さて、マックカフェのCMだが、この歌声がずっと気になっていた。
平成中村座の面々が紋付袴姿で、悠然と歩く姿に この曲【シカゴ】が、かなりマッチしていて
見ていて気持ちが良いCMなのだ。
上田正樹さん?と思ったが、上田さんより声が若干若い。



歌と演奏はダブリン出身のキエロン・カシェルと神戸出身の池辺直也からなる2人組ユニット、

cashell(カシェル)というそうだ。

マックカフェのこのCMのメイキングもYou Tubeに有ったが
音がないと、それ程 悠然さは感じないのが不思議だ。
しかし、歌舞伎俳優さんたちは、どうして、こう色っぽいのか?
ステキである。

もう1本、気になっているCMが、ニッセン


15歳の美少女シンガーKylee(カイリー)が歌う「IT'S YOU」という楽曲。
残念ながらCM用に作られた曲らしく、曲は、これだけの長さのようです。

More
[PR]
by greenavenue | 2010-04-25 17:53 | A day to think | Comments(20)

366日

バンド名 HY
曲名 366日




こうやって書いておかないと、良い曲だと思っても すぐ忘れる。
尚且つ、最近は 曲名なのかバンド名なのか わからない事も多い。

366日というタイトルが、とても印象的。
きっと366日有れば、とか366日の想いとか、
詞がセツナすぎて泣いちゃう人も多いと思う。




雨の日は
BOBBY HEBBのSUNNYを聴くと 私はスッキリする。

以前、日産のCMで、これを歌っているのは誰????
と調べたらSUNNYだけを集めたCDが有るくらい、色々な人が、カバーしてる名曲だった。

この曲、You tubeで埋め込み禁止なので貼れないのですが
http://www.youtube.com/watch?v=N9EzFCkb8CU&feature=PlayList&p=A1A4173FEAFDBFF4&playnext_from=PL&index=0&playnext=1歌詞は、お兄さんを歌った歌なのだが
曲がご機嫌なのだ。
私、どうもこうゆうハスキー声のR&Bが好みで、心地良さを感じる。
[PR]
by greenavenue | 2010-04-22 19:24 | A day to think | Comments(4)