人気ブログランキング |

GREEN AVENUE

greenavenu.exblog.jp
ブログトップ

予感

親戚の訃報。
その日、私は、さあ、寝ようというときに窓の外に白いサッカーボール大のもやもやしたものが
数秒かけて 動くのを見た。
今のは、何??????

まさか、父が?????
そう思った途端、寝れなくなった。

そのまま朝を迎えたが、連絡が無い。
あれは、何だったの?

そう思いながら、会社に行くと、訃報の知らせが入った。

父の妹のダンナさん(以下、たーちゃんと記名)父とは戦前と戦後の生まれで10歳違う。
その夫君だから、まだ60歳そこそこだったはずと思っていたら
偶然にも父の兄弟の連れ合いは、これで全員亡くなってしまい うちの母も含めて
64歳という奇妙な数字まではじき出した。


そう、実家近くに たーちゃんの母親が入院していて
私は、子供の時、お世話になった方なので
実家に帰ると寄っている。
たーちゃんが、そのことを頼みに来たのかも知れないと今は、思っている。

実家の父には伝えるか否か、妹と迷ったが
あの状態は、親戚一同の知ることになっている。
着替えさせるのも一苦労なのだが、現在、木更津の特養に入っていて
このシーズン、もう、海客で高速が混みまくっているので
連れて来て、戻す時間が妹には無いと言う。
まあ、言わないほうが無難だという結論。

しかし、急遽、近くの特養に移れる運びになった。
妹は、土曜を逃すと1週間行けないからと、木更津に飛び迎えに行った。

通夜とか何も言っていないのに 父が、ぽつりと
「葬式は、派手なほうがいいなぁ」
と言い出したという。

すかさず、妹は
「お父さんの葬式?」と尋ねたら

「いや、誰の葬式でもさ、派手なほうがいいよ。みんなに送って貰ったほうがいいよ」

と言ったらしく、妹は、ドキッとしたと。
実は、あまりに突然ことで家族の動揺が激しく「家族葬」にするという話。
私達、甥や姪は、夫妻で行くのを止めようという話で
我が家も、暑苦しい^^;夫は置いていくことにしたのだ。

でもね、家族葬といいながらも元々、親族は多い。
なにしろ、おばあさんの子供が、4人。
その子供が11人。
孫が20人。
ひ孫が10人。
これだけで40人越え、
叔母の方の親類が私達を含め20人居たりするわけで
尚且つ、田舎だから、家族葬なんて言葉は通用せず
受付をした従兄が言うには、通夜だけで150人だったとのこと。

まあ、父の願いどおり、人数は賑やかでした。

突然死は、家族のショックは計り知れない。
しかし、たーちゃんは、なんとなく分かっていたのかもね~と言う行動だったという。
3日前に おばあさんの病院へ行き、手を握って離さなかったそうだ。
そんなことは、初めてだったそうで、
おばあさんは、誰が来たかといのを細かく日記につけていて
なのに、この日の日記には、たーちゃんの名前が無かったこと。
前日は、孫が作ったバナナジュースを、自分も飲みたいと言って飲んだそうで
家族をビックリさせていたとか、
うちの父のことも
「あんちゃん、あんなんじゃ、しょーがねーなー。もっと近くの特養はないのかね~」と
話していたばかりだったとか。
たーちゃんの導きで、偶然、この日、父は近くの特養に移れたのです。

やはり、癌とかの方が、家族も心の整理がつくもんだね。
しばらくは、叔母も心労が大変かも知れません。
救いは、長男夫妻と同居だし、孫も社会人と中学3年と小学校6年。
お嫁さんが、また、良い人だから、良かったわ。






実は、うちの夫の義母も、行きたがっていたのですが家族葬なので断りました。
行きたかった理由が、たーちゃんのところの次男坊が ジャニーズ系で
母の葬儀の時
「あれは、誰?ジャニーズみたいじゃない」と喜んでまして^^;
義母は、こんな時じゃないと、私の親戚にも会えないから行きたいと言う。

それを説き伏せ、葬儀だったのですが座った席の後ろに席のオバサンたちの会話
「あれが次男坊で、ほら、ハンサムだでしょ?」
「あれ、本当にハンサムだわ。韓流スターみたいだわ」


妹と、その会話を聞きながら、うけまくった。
義母の話をして、次男坊に私も母の葬儀以来で、あの時は27歳だったけど
今は35歳になっていて、かなり、オヤジ入って来たよね~って話していたばかり。
義母が来なくて良かったわ。
ショック受けちゃうかも~ってね。
でもお婆ちゃん達年代には、まだ、格好良いと映るかも037.gif
by greenavenue | 2011-07-11 03:51 | A day to think