GREEN AVENUE

greenavenu.exblog.jp
ブログトップ

嫌なNEWS

【ヨハネスブルク=角谷志保美】内戦からの復興に取り組む西アフリカのリベリアで、国連関係者らが食料などと引き換えに少女と性的関係を持っているとする報告書を8日、英国の民間活動団体(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン」が発表した。

 報告書によると、同団体は昨年末、避難民のキャンプと帰還先の集落計8か所で、少年少女158人を含む300人以上に聞き取り調査を実施。対象地域の少女たちの半数以上が、食料やわずかな現金を得るために売春をしていることが明らかになった。8歳~10歳の少女による売春の例もあったという。

 売春の相手は国連平和維持部隊員やNGO関係者、教師、警官など。食料の配給や、車に乗せることと引き換えに性的関係を迫る例も見られたという。
(読売新聞) - 5月9日23時36分更新


とても嫌なNEWSです。でも、現実です。

知ってますか?
国連職員に問わず、赤○字、ユ○スコ、ユ○セフの上層部職員の生活を。
現地で あてがわれる家の広さ、食料の多さ、お給料の良さ。
有りとあらゆる待遇の良さを。
その半分でも 寄附する気など有りません。
貧しい人に 乞う者に 本当に力になろうと思っていません。
そうゆう人がいないと 彼等は 働くところが無くなるからです。

貧しい国が、どうやって富めるのでしょうか?
こやって先進国の人間が土足で、心と身体という畑を荒らして行くのですから・・・。
本当に愛が有れば、出来ない行動なのです。
彼等が貧しい国に求めてるものは 平和でも、愛でも、発展でも無いのです。
自分の欲望と富と名誉だけです。

ですから、色々知ってから 私は一切、寄附と言う物を止めて10年近く経ちます。
いまだ、上記のところから 無駄な寄附を請うダイレクトメールが来る。
これも人様からの寄附で賄われておりますでしょ~に~、と思うと腹が立ちます。 
[PR]
by greenavenue | 2006-05-10 02:37 | days